[書評]習慣の重要性。習慣を変えれば人生が変わります!

啓発・ビジネス

内容説明

5万人を変えた習慣形成の超プロが、意志、やる気に頼らず「続けられる」最強スキル、教えます!

「日記」は1行、「筋トレ」は1回、「勉強」はテキストを開くだけ!ズボラ、3日坊主、ナマケモノ、先延ばしグセ、完璧主義……

どんな人でも大丈夫!仕事、お金、人間関係。人生がうまくいく最も強力でシンプルな方法。

英語、貯金、ランニング、早起き、ダイエット、禁煙、習慣1つで、結果も理想の自分も手に入る!

「挫折しない5つの秘訣」も収録!

著者について

吉井 雅之(よしい・まさし)


No.1習慣形成コンサルタント。1958年神戸市生まれ。マイナス思考で生きてきた自分に嫌気がさし、100%諦めムードだったある日、「習慣がすべてを決めている」という言葉に出会い、もう一度だけやり直してみようと、ガソリンスタンドでアルバイトを始める。32歳にして自身の成長のため、数多くの能力開発セミナーに参加。その後、石油関連企業を中心に人材教育業務に従事。


2005年「人生の成果を一人ひとりが創り出せるお手伝いを志事とする」コンサルティング会社、有限会社シンプルタスクを設立。以後、日本の大人を元気にする塾「喜働力塾」を札幌、東京、名古屋、大阪で開催。各種人材育成トレーニングや講演、セミナーで全国各地をまわり、15年で50000人の実践トレーニングを行う。多業種にわたりコンサルティングを請け負う一方、子どもの夢を叶えるために「親子で夢を叶える習慣術セミナー」なども意欲的に取り組む。企業50社以上の増収増益を実現し、脳科学に基づいたビジネスマンの能力開発だけではなく、スポーツチーム指導や受験生の能力アップなども行っている。

著書は、『成功する社長が身につけている52の習慣』(同文舘出版)など。

BOOK著者紹介情報

メモと学び

生まれてくる差は能力の差ではなく、日々の習慣の積み重ねの差。

人間の能力は生まれたときに決まっているわけではない。成長していく過程で、日々の習慣が積み重なり、成果としての今の自分がいる。つまり、今の自分は過去の習慣の成果である。

習慣とはつまり、自分がしている行動のこと。その行動は、自分の思考や価値観などから生まれる。それらの考えは、日々触れるものや見るもの、さまざまなものが総合されて形成される。習慣は日常の些細な部分からつくられる。

習慣は言い換えれば、自分との約束を守ること。自分との約束を守れば、人生を変えれる。

習慣は、行動を続けることで、無意識的に行動ができるようになって初めて、習慣となる。継続するためにはそれなりの強い意志が必要になる。継続するということは、自分に厳しくすることで自分を律し、努力をするということ。

結局やるのは自分だから、行動することも、習慣にすることも、全ては自分との約束を守ることになる。やってもやらなくてもその責任を負うのは自分だから、約束を守れないならそれなりの苦労を味わうことになる。

小さなことでも、やると決めたことをやるという自分との約束を重ねていく。少しづつ継続していくことで、後に習慣として形になる。

人間は錯覚する生き物。自分の能力、才能を錯覚している。それならば、自分の都合の良いように錯覚しよう。

人間は錯覚させることによって、自分を保っている。自分の能力や才能も、錯覚することで勝手に限界を決めていることがある。自分にはできない、自分には才能がない、という人に限って、何も行動を起こしていないことが多い。

やってみてできなかったら仕方がないが、やる前から自分の勝手な想像や錯覚で、物事を判断することはよくない。自信はないけどやれそう、意外にいけるかも、そのように無理やりでも自分を都合よく錯覚させることで、良い方向に傾く可能性もある。

人間は都合の良い生き物だから、都合の良いように錯覚させて、自分の可能性の幅を広げ、さまざまなことにチャレンジしていく姿勢を持つことが大切。

目標を達成した時の明確なイメ ージがあれば、それがやる気につながる。

目標や目的意識を持つことは大切。目標や目的を明確に持つことで、そこに向けて逆算して努力をすることができる。目指すものや指針となるものが、あるかないかでパフォーマンスは変わってくる。

モチベーションという言葉があるが、モチベーションを保つためにも未来の自分の理想の姿を思い浮かべることは大切。今頑張れば未来の自分は輝くと思えば、やる気が出てきて努力をするようになる。

自分のための夢は限界を早くするが 、誰かのための夢は限界を超える力になる。

自分のために努力をすることはもちろんだが、どうしてもネガティブになってしまったり、甘えが出てしまったりして、努力がうまくいかない時がある。

自分に厳しくしていても、情緒が不安定になることがある。そんなときは、自分の夢や目標を、誰かのための夢や目標にするという考え方をしてみる。

自分が夢を叶えることで、誰かの喜ぶ顔、幸せそうな表情を見ることができる。自分が頑張ることで、誰かの夢や希望になるというように、努力に行き詰まったら誰かの夢のために頑張るという考え方も必要。

感想

習慣の大切さを痛感させられた。習慣は、当たり前の事だと思っていたが、改めて習慣について見直すことができた。当たり前の存在だからこそ、注意深く振り返る事で見えてくるものがある。

過去の習慣が今の自分をつくり、今の習慣が未来の自分をつくる。もし、今の自分に満足していないなら、自分を変える必要がある。自分の何を変えるかと言えば、「習慣」である。習慣は意識を変えるだけですぐに変化を起こすことができる。

意識を変える、行動を変える、習慣を変える。何か小さな変化を起こすことが、大きな変化への近道になる。意識的に行動を継続することで、次第にそれが無意識的に行動を起こせるようになる。無意識こそが習慣であり、この習慣が自分を変化させる。

変化したいとは思うものの、なかなか行動を起こせない、何をしたら良いか分からない、このような状態の人は多い。何か自分が変化を起こせるきっかけとなるのは、自分が夢中になれることに出会うこと。夢中になれることに出会うことで、自分の可能性に気づき、自分を信じるようになる。

夢中になれるものに出会えない人、何も興味がない人。それは、行動を起こしていない人である。やる前から自分の感覚で好き嫌いを決めてしまう。行動の数が少ないから、好きなものに出会えない。

経験しないと分からないことが多い。好きか嫌いかは、やってみないと分からない。もし嫌いなら、嫌いなものとして自分の判断材料になる。好きと思えたなら、自分の方向性を定めることができる。たくさんの行動を起こして、自分にはないと思っていた可能性を見つけ出す。

そうして自分の幅を広げ、好きなものと出会っていく。次第に自分が好きなものに夢中になれば、自然に習慣的な行動をするようになる。

習慣は思わぬところから生まれる。今自分を取り巻いている環境や人間関係、考え方や価値観、さまざまな要因があって、自分の習慣はできている。その分、何か自分を取り巻くものを変えるだけで、習慣は変えることができる。

同じような毎日を過ごしていては、同じような毎日でしかない。何か変化を加えるには、意識的に同じような日を壊していく必要がある。それが例え失敗でも、それは教訓となる。バカみたいな考えを実行してもいい。何か変化を起こしたいなら。

習慣を甘く見てはいけない。

人格は、習慣によって成り立つ。つまり、習慣が常に最新の自分をつくり続けている。

今という時間は、これからの人生で最も若く、何かを始められる時間。これを読んで、今から何かを始めよう。

オススメ層

多くの人にとって、日々の生活習慣を見直す良いきっかけになると思います。

  • 日々が退屈な人
  • 自分に変化を加えたい人
  • 生活習慣が乱れがちな人
  • 理想的な習慣を身に付けたい人
  • 自分を律したい人

習慣の積み重ねは大きな武器になります。この本を読んで、習慣について深く考えてみましょう。

終わりに

いかがでしたか。「習慣」は非常に大切だということを再確認できたでしょうか。

能力の差は、才能の差ではなく、日々の習慣の積み上げの差であるということには、努力次第で能力を高められると、背中を押された気持ちになります。

習慣をつくるのは、自分の意志です。自分がどのような人生を送りたいのか、そのためにはなにをすべきなのか、そこを自分自身で明確に理解し、行動できる人が理想的な習慣を身に付けます。

習慣を身に付けることに、才能や特別な能力は必要ありません。いかに、自分と対話して、自分を能動的にコントロールできるかが大切です。

これからいくらでも習慣を変化させることは可能です。日々の思考、行動から見直し、より良い生活を送れるよう、頑張っていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。